本文へスキップ

〒650-0003 神戸市中央区山本通4-22-25兵庫人権会館2階

TEL.078-252-8280/FAX.078-252-8281

解説

■白なめし革について

「姫路白なめし革」は、千年以上の歴史を持つ兵庫を代表する伝統工法です。 白なめし革は、化学薬品を使わず、塩と菜種油でなめす技法で、甲冑、武具、馬具などが盛んに生産されました。 現在は、剣道用の竹刀の柄に使われています。 白なめし革の大きな特徴はその工程にあり、国内産の赤牛の皮に塩と菜種油しか加えず、作業の大半は手と足が頼りです。 その伝統的工法を今も続けているのは姫路の森本正彦さんただ一人です。 後継者不足と正確な文献、資料が乏しいことから姫路市花田町高木地区の人たちが中心となり「姫路白なめし革保存会」が結成されました。 「姫路白なめし革保存会」が発行した『姫路白なめし革の歴史─森本正彦の世界』を参考にして白なめし革の製造工程を紹介します。

>>続きを読む


■狭山事件

「姫路白なめし革」は、千年以上の歴史を持つ兵庫を代表する伝統工法です。 白なめし革は、化学薬品を使わず、塩と菜種油でなめす技法で、甲冑、武具、馬具などが盛んに生産されました。 現在は、剣道用の竹刀の柄に使われています。 白なめし革の大きな特徴はその工程にあり、国内産の赤牛の皮に塩と菜種油しか加えず、作業の大半は手と足が頼りです。 その伝統的工法を今も続けているのは姫路の森本正彦さんただ一人です。 後継者不足と正確な文献、資料が乏しいことから姫路市花田町高木地区の人たちが中心となり「姫路白なめし革保存会」が結成されました。 「姫路白なめし革保存会」が発行した『姫路白なめし革の歴史─森本正彦の世界』を参考にして白なめし革の製造工程を紹介します。

>>続きを読む


■兵庫県水平社

「姫路白なめし革」は、千年以上の歴史を持つ兵庫を代表する伝統工法です。 白なめし革は、化学薬品を使わず、塩と菜種油でなめす技法で、甲冑、武具、馬具などが盛んに生産されました。 現在は、剣道用の竹刀の柄に使われています。 白なめし革の大きな特徴はその工程にあり、国内産の赤牛の皮に塩と菜種油しか加えず、作業の大半は手と足が頼りです。 その伝統的工法を今も続けているのは姫路の森本正彦さんただ一人です。 後継者不足と正確な文献、資料が乏しいことから姫路市花田町高木地区の人たちが中心となり「姫路白なめし革保存会」が結成されました。 「姫路白なめし革保存会」が発行した『姫路白なめし革の歴史─森本正彦の世界』を参考にして白なめし革の製造工程を紹介します。

>>続きを読む

info事務所情報

一般社団法人
ひょうご部落解放・人権研究所

〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通4-22-25 兵庫人権会館2階
TEL.078-252-8280
FAX.078-252-8281